執務中の提栄三議員
   
 《 経 歴 》
  1956年11月25日竹田市生れ。
  その後、臼杵市で青少年時代をすごす。
1969年、臼杵市立臼杵小学校卒業。
1972年、臼杵市立東中学校卒業。
1975年、県立臼杵商業高校卒業。
1979年、熊本商科大学経済学部経済学科卒業。
1998年まで大分民主商工会に勤務。
1999年、県議初当選。2003年に落選するが
2007年に再び当選。
2011年、県議当選。三期目
2011年度の常任委員会は福祉保健生活環境委員会
2012年度の常任委員会は商工労働企業委員会
2013年度の常任委員会は農林水産委員会
2014年度の常任委員会は福祉保健生活環境委員会(副委員長)
   
 《 連 絡 先 》
  党事務所 大分市中津留1丁目2番8号 日本共産党大分県委員会
TEL 097-558-0652 / FAX 097-552-3251
議員事務所 大分市大津町1-3-22
TEL 097-556-3260 / FAX 097-556-3260
議員控室 大分市大手町3-1-1共同庁舎3F
TEL 097-506-5065 /TEL・ FAX 097-537-2344
E-mail jcp-oita@oct-net.ne.jp
   
 《 議 員 ア ン ケ ー ト 》
   
  Qあなたにとって共産党とは? 
  弱者を助け悪者をくじく正義の味方。
いつもどこでも住民の願いや地域の願いのために、私利私欲がなく真剣に活動する政党。
真剣さ、ひたむきさ、筋を曲げず住民のために活動する政党。
   
  Q県政でどうしても実現したいことは? 
  地域の中小企業が仕事ができる公共事業への転換を大企業優遇ではなく、中小企業対策の充実を。身近な生活道路や特別養護老人ホームの建設。
雇用拡大のためにも学校の先生を増やし、30人学級の拡大。
子どもの医療費の完全無料化など子育て支援の充実。
国保税の引き下げ。
住宅リフォーム助成制度の創設。
   
  Q県民のみなさんへ伝えたいことは?
  私は中小業者の生活と営業を守る運動に20年間従事してきました。
元請から下請け単価を削られる悔しさ、銀行が営業成績が悪いからと融資をせず、高利金融、サラ金より借らざるを得ない悔しさ、たくさんの悔しさをまじかで体験してきました。
まじめに働いている人が、何でこんな目にあわなければならないのか。政治を変えることで「善いことは善い、悪いことは悪い」といえる政治を実現したいと頑張っています。
   
  Qあなたの長所と短所は? 
  最近感動すると涙もろくなった。大変なことや苦労も明日には解決するという楽天性かな。
   
  Q座右の銘は? 
  社会に対して受動的ではなく能動的であれ
   
  Q感動した映画は?
  千と千尋の神隠し
(どんな苦労も、未来と友情のため真剣頑張る千尋の姿に感動)
   
  Q感動した本は?
  新日本共産党宣言(不破哲三、井上ひさし対談集)
   
  Qあなたの趣味は?
  映画鑑賞(最近はなかなか行けないでいます)
   
  Q携帯の着メロは?
  基本のベル音 
   
   TOPへ